東長崎プロジェクト 躯体工事

カテゴリー:

2020年02月17日

西武池袋線「東長崎」駅 新築マンションプロジェクト

躯体工事を進めています。

 

本物件は「鉄筋コンクリート構造」です。

木を組み立てる木造と違って、

コンクリート構造の作り方はピンとこない人は意外と多いのではないでしょうか?

 

 

鉄筋を組み立て、鉄筋を囲うように木枠を作ります。

そこにコンクリートを流し込みます!意外と単純!

 

 

流した状態のコンクリートは熱をもっていて、真夏はそれはそれは大変な工事だとか・・・

職人さんには本当に頭が上がりません。

 

 

 

 

躯体検査を実施している様子です。

 

 

 

床の部分も木枠に流し込みという過程は変わりません。

 

 

1階の天井兼2階の床が出来た様子です!

 

木枠組み立て→壁流し込み→床流し込み→木枠組み立て・・と

フロア数分同様の作業を行います。

 

意外と見えない作業風景、いかがでしょうか?